​Q&A

Q.感染症検査はどんなことをしますか?

HBs(B型肝炎)・HCV(C型肝炎)・HIV・梅毒・HTLV-1(ヒトT細胞白血病)の項目を検査します。

​1項目でも陽性反応が出た方は治療を受けることができません。

その場合は検査費用として14,300円(税込)のみご負担いただきます。予めご了承ください。

Q.手術や入院は必要ですか?

必要ありません。

採血や注射も全て外来で治療を受けられます。

Q.高齢者でも受けられますか?

受けられます。

手術を行なわないので、身体への負担も少なく、手術への抵抗がある方にもおすすめできる治療と言えます。

Q.副作用はありますか?

ご自身の血小板から抽出した成分を注入するので大きな副作用はないと考えられています。患者様によっては注射による一般的な副作用(痛み、腫れなど)が起こる可能性がありますが、数日で治まる場合が殆どです。

Q.効果はどのぐらい持続しますか?

個人差はありますが、概ね3か月~半年ほど持続するとみられています。

PFC-FD療法は個人の血小板に含まれる成長因子の働きを活用した治療です。そのため、一般的な薬と違い効果にばらつきがあります。

Q.医療費控除は受けられますか?

受けられます。

その年の1月1日~12月31日までの間に支払った医療費が基準額を超える世帯は、確定申告で手続きをすることで所得控除を受けることができ、還付金を受け取ることができます。

お渡しする領収書はなくさないようにご注意ください。

領収書の再発行は致しかねますのでご了承ください。

Q.先進医療ですか?

先進医療の対象ではありません。