ようこそ、リハビリテーション・理学療法科へ

整体治療

リハビリテーション科では、骨折や変形性関節症による運動機能障害や、加齢による運動能力の低下した状態を改善するため、各種検査、評価、訓練、指導、及び援助を行います。

大学病院や総合病院で手術を受け、退院した後の外来リハビリテーションは当院の理学療法士にお任せください!

リハビリ科には「レッグプレス」や「レッグエクステンション」『プーリー」などの多くの機器も揃えており、専門医の指示のもとで理学・作業療法士が各々に適したリハビリの治療メニューを考えます。

理学療法 

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある方々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

基本的な動作能力の回復を図るため、治療・体操そのほか適切な運動を行ないます。さらには、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的には生活の質(QOL)の向上をめざします。

消炎鎮痛処置 

消炎鎮痛処置では、ウォーターベッド、マイクロ波、温熱療法、頚部・腰部の牽引、バイク運動など、専門機器を使用して症状を緩和・軽快・治療を行ないます。診療時間内であれば、いつでも受診可能ですので、是非定期的に通いましょう。