リハビリテーション科

お問い合わせはこちらから

運動器リハビリテーション

リハビリテーション科では、骨折や変形性関節症による運動機能障害や、加齢による運動能力の低下した状態を改善するため、各種検査、評価、訓練、指導、及び援助を行います。

大学病院や総合病院で手術を受け、退院した後の外来リハビリテーションは当院の理学療法士・作業療法士にお任せください。

リハビリ科にはたくさんのリハビリ機械も揃えております。専門医の指示のもとで理学・作業療法士が各々に適したリハビリの治療メニューを考えます。

理学療法

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある方々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

基本的な動作能力の回復を図るため、治療・体操そのほか適切な運動を行ないます。さらには、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的には生活の質(QOL)の向上をめざします。

 

●理学療法士 Physical Therapist (PT) とは?

身体に障害を持つ人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る・立つ・歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱・電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職です。理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行な上で基本となる動作の改善を目指します。

関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

作業療法

応用的動作または社会適応能力の回復を図るための治療法です。心身機能の障害を改善・軽減するのみでなく、患者さんがより満足のできる生活を構築・再編していけるように、さまざまな治療・指導・援助を行ないます。また、患者さんご本人にとって重要な作業が自立して行なえるように支援して参ります。

 

●作業療法士 Occupatinal Therapist (OT) とは?

作業療法士(OT)が行なうリハビリの目的は、「身体障害者と精神障碍者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させること」。身体または精神に障害のある方、又はそれが予測される方に対して、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持開発を促す作業活動を用いて行なう治療、訓練、指導および援助を行ないます。

手工芸や芸術、遊びやスポーツ等の「創作活動やレクリエーション」、日常動作である「生活活動」等の「行為(作業)」を通し、次の段階である「社会復帰するための訓練」を行ない、日常生活をスムーズに送るための複合的な動作が可能になるよう、リハビリテーションを行ないます。

消炎鎮痛処置(物理療法)

レッグプレス、大腿四頭筋運動器など、下肢の運動指導も重点を置いて行なっております。下肢運動機能の改善に対しては、理学療法士が負荷量を調整し、下肢の筋力強化を図ることで、転倒・骨折を予防します。

このほか、顎肩関節を動かすブーリーや、干渉波による治療など多彩な治療バリエーションが揃っています。

ゆうあい運動教室

毎月 最終土曜日 午後2:00~2:45 
少しでも興味を持った方は是非とも一度、教室に参加してみてください。
参加ご希望の方は、1階受付または3階リハビリ室でスタッフにお声がけください。

 目黒ゆうあいクリニックの患者さまだけでなく、地域で生活する全ての方が、健康で元気に毎日を生活することができるように、当院のリハビリ科職員が毎月土曜日に『転倒予防教室』を開始しました。当初は『転倒予防教室』の名前の通り、転倒を予防するための運動を中心に行なってまいりましたが、様々なニーズがある昨今、『転倒予防だけでなく、もっと幅広い運動を行なっていこう!』と思い、『ゆうあい運動教室』へと名前を変えました。

運動教室で学んだ内容を、参加された方が『自宅で一人でもできるように』していきたい。そうすることで身体機能や能力を改善し、疾病予防や介護予防だけでなく、より良い日常生活を送っていただきたい。この想いで行なっております。


当院でのロコモティブシンドロームに対する取り組み

ロコモティブシンドローム(ロコモ)

ロコモとは、「運動器の障害により移動機能が低下した状態」のことです。運動器とは、身体を支え運動する際に必要となる、骨・関節・椎間板・筋肉・神経などの器官の総称です。

骨粗しょう症・変形性関節症・サルコペニアなどの疾患によって運動器が障害を受けると、「立つ」「歩く」といった移動の機能が低下し、さらに進行すると自立した生活が困難になります。

ロコモティブシンドロームについて

ロコモに関連する疾患として代表的な「骨粗しょう症・変形性膝関節症」の2つに限っても、日本に約4,700万人の患者・予備軍がいるとされ、また日本人が要介護・要支援となる原因の第1位は「運動器の障害」です。

自立的に生活できる生存期間=健康寿命をのばす上で、いかにロコモを予防・改善するかが注目されています。


ロコモニター  開発: 順天堂大学

ロコモティブシンドローム(ロコモ)研究アプリケーションです。
アンケート型・センシング型の調査項目を併用し、かつてない規模で人々のロコモ度を調査することを目的としています。 さらに、回答データを即座に分析し、ひとりひとりに最適なロコモ予防・改善アドバイスを提供します。

App を購入、ダウンロードするには iTunes を開いてください。

【説明】
ロコモニターは、順天堂大学が開発した日本初のロコモティブシンドローム(ロコモ)研究アプリケーションです。

 


 

セラバンドを使った運動のご紹介(画像をクリックするとPDFファイルで大きくご覧になれます)

セラバンドとは、薄手で伸縮性のある丈夫なゴムでできた運動用のゴムバンドです。
セラバンドを使うと、ストレッチや筋力トレーニングの幅が広がり、より多彩な運動をすることができます。
バンドには強度が数種類ありますので、ご自身に合ったものをお選びください。
詳しくはリハビリ室スタッフまでお気軽にご質問ください。

「10月24日 骨と関節の日」

都民公開講座が開催されました。
当日は、たくさんの方にご来場いただきました。

会場では、宮島院長によるロコモティブシンドロームについてのセミナーや、リハビリ理学療法士、作業療法士によるロコモ予防体操を実際におこなうなど、
みなさんで運動機能の低下予防に対し多角的に勉強しました。

「寝たきり」にならないためにも、日々の健康維持がとても重要です。
規則正しい食生活や運動習慣が毎日のリズムになれば、無理なくロコモを予防できますね。

ご家族みなさんでロコモ予防に取り組んでみましょう!

毎日ホール会場の様子

 
 
 
 
椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook