リハビリテーション科

お問い合わせはこちらから

運動器リハビリテーション

リハビリテーション科では、骨折や変形性関節症による運動機能障害や、加齢による運動能力の低下した状態を改善するため、各種検査、評価、訓練、指導、及び援助を行います。

大学病院や総合病院で手術を受け、退院した後の外来リハビリテーションは当院の理学療法士・作業療法士にお任せください。

リハビリ科には「レッグプレス」や「レッグエクステンション」『プーリー」などの多くの機器も揃えており、専門医の指示のもとで理学・作業療法士が各々に適したリハビリの治療メニューを考えます。

理学療法

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある方々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

基本的な動作能力の回復を図るため、治療・体操そのほか適切な運動を行ないます。さらには、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的には生活の質(QOL)の向上をめざします。

 

●理学療法士 Physical Therapist (PT) とは?

身体に障害を持つ人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る・立つ・歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱・電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるように支援する医学的リハビリテーションの専門職です。理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行な上で基本となる動作の改善を目指します。

関節可動域の拡大、筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減など運動機能に直接働きかける治療法から、動作練習、歩行練習などの能力向上を目指す治療法まで、動作改善に必要な技術を用いて、日常生活の自立を目指します。

 

消炎鎮痛処置(物理療法)

消炎鎮痛処置では、ウォーターベッド、マイクロ波、温熱療法、頚部・腰部の牽引、バイク運動など、専門機器を使用して症状を緩和・軽快・治療を行ないます。診療時間内であれば、いつでも受診可能ですので、是非定期的に通いましょう。


 

 
 

1~2時間のリハビリをメインとした短時間通所リハです。医療保険と同様の個別リハビリが受けられ、クリニック併設のため、施設内に医師・看護師も常駐し、安心した環境でのリハビリが可能です。

営業時間

時間:午後1:30から午後3:00 (13:30から15:00)月・火・木・金

定員:10名

※水・土・日・祝日・夏季休診・年末年始は休業

通所リハビリテーションの申し込み

主治医にご相談の上、担当のケアマネージャーに依頼してお申込みください。

ケアマネージャーの方は、下記リンクより申込票をダウンロードしていただき、ご記入の上当院までFAXしてください。2営業日中に担当者よりご連絡させていただきます。


要介護の方:担当ケアマネージャーとご相談のうえ受付に申込みください。

※分からないことがありましたら、当クリニック・リハビリテーション科までお問い合わせください。

ケアマネージャーの方は、下記リンクより申込み票をダウンロードしていただき、ご記入のうえ当クリニックまでファックスまたはご持参ください。(担当:土屋)

>>申込み票はこちら

ゆうあい運動教室

毎月 第4土曜日 午後2:00~2:45 
少しでも興味を持った方は是非とも一度、教室に参加してみてください。
参加ご希望の方は、1階受付または3階リハビリ室でスタッフにお声がけください。

 

ゆうあい運動教室のご案内

 

運動教室で学んだ内容を、参加された方が『自宅で一人でもできるように』していただき、身体機能や能力を改善し、疾病予防や介護予防だけでなく、より良い日常生活を送っていただきたいと思っております。


当院でのロコモティブシンドロームに対する取り組み

ロコモティブシンドローム(ロコモ)

ロコモとは、「運動器の障害により移動機能が低下した状態」のことです。運動器とは、身体を支え運動する際に必要となる、骨・関節・椎間板・筋肉・神経などの器官の総称です。

骨粗しょう症・変形性関節症・サルコペニアなどの疾患によって運動器が障害を受けると、「立つ」「歩く」といった移動の機能が低下し、さらに進行すると自立した生活が困難になります。

ロコモティブシンドロームについて

ロコモに関連する疾患として代表的な「骨粗しょう症・変形性膝関節症」の2つに限っても、日本に約4,700万人の患者・予備軍がいるとされ、また日本人が要介護・要支援となる原因の第1位は「運動器の障害」です。

自立的に生活できる生存期間=健康寿命をのばす上で、いかにロコモを予防・改善するかが注目されています。


セラバンドを使った運動のご紹介(画像をクリックするとPDFファイルで大きくご覧になれます)

セラバンドとは、薄手で伸縮性のある丈夫なゴムでできた運動用のゴムバンドです。
セラバンドを使うと、ストレッチや筋力トレーニングの幅が広がり、より多彩な運動をすることができます。
バンドには強度が数種類ありますので、ご自身に合ったものをお選びください。
詳しくはリハビリ室スタッフまでお気軽にご質問ください。


椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook