お問い合わせはこちらから

新型コロナウイルスに関わるクリニックからのご案内およびご協力のお願い
◆ご来院の際の注意事項

ご来院の際は、あらかじめご自宅にて体温測定をお願いします。

定期的な通院、予約外でのご来院、リハビリテーション、ワクチン接種など、クリニックへご来院いただく際はあらかじめご来院前に体温測定をお願い申し上げます。もし体温が37.5度以上ある場合には、どのような場合でもご来院前にお電話にてご連絡をお願い申し上げます。そのほか、咳が出る・息苦しさがあるといった場合にもあらかじめお電話でご相談ください。
ご症状などを確認させていただき、必要なご説明・ご案内をさせていただきます。新型コロナウイルス感染症の予防対策に皆様のご協力をお願い申し上げます。

 


◆院内の感染予防対策①

クリニックでは感染予防対策を徹底しております。

院内の空気が滞ることのないように、常時換気を行なっております。また、院内各所のアルコール消毒を徹底し、待合室の座席につきましては「ソーシャルディスタンス」について患者さまに間隔を空けて着席いただけるような掲示をさせていただいております。他の患者さまとの距離を確実においてくださるようお願いいたします。風邪のような症状の患者さまに関しましては、玄関エントランスで先に問診票をご記入くださるようお願い申し上げます。必要に応じて、非接触型体温測定器による体温検査を受付にて行なっており、お待ちいただく際はパーテーションを隔てた場所での待機・咳などの症状がみられる患者さまにおかれましては別室での待機をお願いさせていただいております。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

◆院内の感染予防対策②

クリニック内各所に手指消毒用アルコールを設置しております。

新型コロナウイルス感染症の主な感染源は「接触感染」および「飛沫感染」そして「エアロゾル感染」です。接触感染では、特に手指に付着したウイルスが鼻や口などの粘膜に付着することが主な原因となります。これによる感染予防のため、院内各所に手指消毒用アルコールを設置しておりますので、必要に応じてご利用いただき、手指の消毒をお願い申し上げます。
消毒の際は、必ず乾いた手に消毒液をとり、まず指先と爪を手の平で交互にこすり合わせ、次に両手の平、そして両手の甲、次に両手の指を挟みあうようにしてこすり合わせ、両親指をさらに反対の手で捩じるようにこすり、最後に両手首へとのばしてください。アルコール消毒液が完全に乾燥した段階で消毒完了となります。消毒液が乾かないうちはウイルスやバクテリアが手指に残っている可能性がありますので、十分に乾かしていただくようお願い申し上げます。

◆院内の感染予防対策③

お手洗いのハンドドライヤー使用を中止しております。

今までご利用いただいていたお手洗いのハンドドライヤーにつきましては、感染予防の見地から使用を中止しております。ご来院の際は、清潔なハンカチ・タオルなどをご持参くださいますようご理解とご協力をお願い申し上げます。

 


 

ソーシャルディスタンスとノー3密・マスクの重要性〜感染を少しでも抑える為に〜

新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない現状において「外出自粛」「ノー3密」そして「ソーシャルディスタンシング」を徹底することが重要不可欠です。
これを行なった場合と行わなかった場合とでは、1か月後の感染者増加率があまりにも大きく異なります。

フィンランドの気象研究所やヘルシンキ大学、アールト大学などによる研究において、スーパーコンピュータを使って、お店の陳列棚の間の通路にいる感染者の喉から吐き出された飛沫やエアロゾル粒子が、どのように空気中を移動するかを分析し、立体的に視覚化したところ、咳をしてから1〜2分で陳列棚の上部にエアロゾルの「雲」が広がり、隣の通路にいる人の元まで運ばれる可能性があることがわかりました。このことからも、マスク着用そして3密回避が如何に重要なことなのかがはっきりとわかります。

不要不急の外出は控えましょう。そして、必要品を買いに行く際は必要最低限の人数で出かけるようにお願いします。あなたの命と健康は誰かの手に、誰かの命と健康はあなたの手に委ねられています。

ウイルス感染症とのたたかいは、自分だけを守っても終わらず、誰かを頼っても終わりません。「ひとりひとりの心がけ」命と健康を守るため、全員参加で感染予防を徹底しましょう!


 

自宅療養でも要注意「緊急性の高い症状を知りましょう」

現在、軽症の患者さんに関しては宿泊施設での療養をお願いするようになりましたが、感染者数の像かに伴い、自宅待機・自宅での療養をせざるを得ないことなどもあります。
また、無症状で罹患していることに気づかずにいて、急に症状が出現することもあるかも知れません。
そのような時に重要なのは「具体的にどのような症状が危険信号なのか?」をあらかじめ知っておくこと。
容態の急変にも、即座に迅速にかつ冷静に対応できるよう、あらかじめこれらの症状を頭に入れておきましょう。

特徴的なものは、1. 呼吸が苦しい感じ 2. 意識がぼんやりしている様子 3. 顔色が明らかにおかしい  この3つです。

あなた自身、そしてあなたの周りの人、ご家族などに、このような変化が見られた時は速やかに119番通報をして救急車を呼びましょう。 


 

マスクの正しい使い方

感染症に対しての予防意識が高くても、マスクをきちんと装着できていないと体内への侵入を阻止することはできません。ある調査によると、マスクをきちんと着用できている人は4人に1人しかいないそうです。正しいマスクの使い方を把握しておくことはとても大切です。

マスクを着用するとき
①マスクの真ん中(鼻のワイヤー)の部分に折り目を入れてから上下に広げます
②ゴムを耳にかけて、鼻・ほほ・顎を合わせて、鼻と口を確実に覆います
③鼻の部分を押さえてフィットさせ、マスクに手を沿わせて隙間を作らないように調整し、確認します
隙間を作るとそこから細かな粒子が入りやすくなったり、くしゃみなどの際に出るしぶきが周りに飛散しますので、隙間をなくすようにしましょう。マスクを着用中は、フィルター部分にはなるべく触れないようにし、触った時はすぐに手を洗いましょう。

マスクを外すとき
①ゴムの部分を持って耳から外し、フィルター部分に触らないようにして捨てましょう
②すぐに手を洗いましょう
使用後のマスクにはそれまで着用していたときに汚れが付着している可能性があります。外す際に触れる部分には十分注意し、外した後は手洗い・消毒をするようにしましょう。

2歳未満の子どもにマスクは不要・むしろ危険!

乳児のマスク使用ではとても心配なことがあります。

1. 乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ、呼吸や心臓への負担になる
2. マスクそのものやおう吐物による窒息のリスクが高まる
3. マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
4. 顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる

など乳児に対する影響が心配されます。世界の新型コロナウイルス小児感染症からつぎのような点がわかってきました。

1. 子どもが感染することは少なく、ほとんどが同居する家族からの感染である
2. 子どもの重症例はきわめて少ない ・学校、幼稚園や保育所におけるクラスター(集団)発生はほとんどない
3. 感染した母親の妊娠・分娩でも母子ともに重症化の報告はなく母子感染はまれです。

子どもの新型コロナウイルス感染症は今のところ心配が少ないようです。2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう。

詳しく:日本小児科医会URL https://www.jpa-web.org 日本小児科学会URL https://www.jpeds.or.jp

 


 


 

 
 

「新型コロナウイルスはどれくらい生存するの?」

1. 空気中…2〜3時間
2. 箱の中など…1日
3. プラスチックやスチールの表面…2〜3日
ウイルスが生存し続けることが分かっています。
その為、例えば買い物で購入した常温保存のできる物は室外に2〜3日置いておくと良いでしょう。すぐに使用する場合はアルコール消毒(除菌ウェットティッシュなど)で表面を拭き取りましょう。

「野菜や果物は?」
これらはアルコール消毒ができないものですが、流水で十分に洗い流せば大丈夫です。ただ、冷蔵庫へ入れる前に洗うようにしましょう。

 

洗剤の界面活性剤で新型コロナウイルスを除去

製品評価技術基盤機構(NITE)は、複数の界面活性剤が、新型コロナウイルスに対して有効として、界面活性剤を含む商品の住宅・家具用洗剤のリストを公開しました。アルコール以外の消毒方法の有効性を示すもので、身の回りのモノの消毒用に活用できます。

手指消毒には使えない代わりに、お家の掃除や、大きなモノを一気に拭き取りたい時など、アルコールを使うとなると大量に使わないとならないような際にぜひ活用してください。

有効と判断された界面活性剤は以下の5種類

1. 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
2. アルキルグリコシド(0.1%以上)
3. アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
4. 塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
5. ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

商品名(一部)
花王の「バスマジックリン」、「ガラスマジックリン」や「キュキュットハンドマイルド」、バスクリンの「バスピカ」、ライオンの「レンジまわりのルック」「チャーミ マジカ酵素+」、「ママレモン」、P&Gの「ジョイ コンパクト」など。

使い方
1. 洗剤うすめ液を作る。たらいや洗面器などに500mlの水をはり、台所用洗剤*を小さじ0.5~1杯(2.5~5g)入れて軽く混ぜ合わせる。
2. 対象の表面を拭き取る。キッチンペーパーや布などに1で作った溶液をしみこませて、液が垂れないように絞る。汚れやウイルスを広げないように、一方向にしっかり拭き取るようにする。
3. 水拭きする。洗剤で拭いてから5分程度たったら、キッチンペーパーや布などで水拭きして洗剤を拭き取る。特に、プラスチック部分は放置すると傷むことがあるので必ず水拭きする。
4. 乾拭きする。最後にキッチンペーパーなどで乾拭きする。

注意事項
①手指・皮膚には使用してはいけない。②スプレーボトルでの噴霧も行なわない。


製品評価技術基盤機構(NITE) 
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200522009/20200522009-1.pdf
https://www.nite.go.jp/data/000109226.pdf

May 26, 2020


 

正しいゴミの捨て方~ごみを捨てる際も感染予防に努めましょう~

 
 

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方などがご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッ シュ等のごみを捨てる際は、『ごみの捨て方』に沿って、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう。

『ごみの捨て方』に沿っていただくことにより、ご家族だけでなく、 皆様が出したごみを扱う市町村の職員や廃棄物処理業者の方にとって も、新型コロナウィルスやインフルエンザウイルスなどの感染症対策 として有効です。ごみを捨てる際は自治体のルールに従うとともに、ポイ捨ては絶対にやめましょう。使用済みのマスク等のごみを捨てる際にも、『ごみの捨て方』を参考に、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりし ばって封をする」そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことに注意し ましょう。


 

パンデミック状況下でのペットに関する基本的なルール・エチケット

新型コロナウイルスに関して、世界に数例の動物感染が報告されています。日本においても数例の報告がありました。このような現状において疫学的な見地から、動物から人への感染は起こらないであろうとされています。ただし、大切な家族であるペットを守るために、飼い主の方はパンデミックが終息するまでペットについての感染予防対策をきちんとおこないましょう。
1. ペットを外で他の人や他の動物と接触させないようにして、家族とのコミュニケーションのみにしてください。
2. ネコは室内飼いにしてください。外で自由に行動してしまった場合の感染やウイルスの持ち込みを防ぎましょう。
3. イヌは他の動物や他の人から2メートル以上離してソーシャルディスタンスを確保しましょう。お散歩途中などでお友達に会った場合もむやみに近づけず、必ずリードをつけて間隔を確保しながらお散歩するようにお願いします。

新型コロナウイルスに感染した場合のペット預かり情報<#StayAnicom プロジェクト> 

アニコムペット保険 ペット保険シェアNo.1のアニコム損保・アニコム ホールディングスより

コロナ感染者 のペットを無償でお預かりする「#stayanicom プロジェクト 」を始動!ニーズに応じて段階的に拡張予定。ペット飼育者の不安「私が感染したら、この子をどうしよう」を解消します。

新型コロナに感染してしまった飼い主さまのためのサービスです。「困ったら、アニコムにステイしてほしい」という想いをもとに発足したこのプロジェクトでは、 アニコムの保有する施設の一部を開放し、 飼い主さまが隔離や入院をする間、 そのペットを無償でお預かりします。お預かりの間は、アニコムの#獣医師 を中心とした社員有志がお世話します。 情報は随時更新しますので、 twitterアニコム公式アカウントのフォローをお願いします。*本人または家族がコロナウイルスに感染している場合のみ申込みが可能。

アニコム#StayAnicomプロジェクト >>Twitter >>Instagram >>Facebook >>申込フォーム


 

新型コロナウイルス接触確認アプリ“COCOA”
COVID-19 Contact-Confirming Application

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA※)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、利用いただきますようお願いします。
  ※COVID-19 Contact Confirming Application

本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

▼インストール 以下のURLよりインストールしましょう。

Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.go.mhlw.covid19radar

App Store : https://apps.apple.com/jp/app/id1516764458

▼アプリ利用者向けQ&A

◎アプリQ&A◎ こちらのリンクからご参照ください。

※そのほか、ご不明点やご意見がございましたら、メール(appsupport@cov19.mhlw.go.jp)にてご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。


 

新型コロナウイルス感染症に関連した不当な偏見・差別にお困りの方へ

新型コロナウイルス感染症に関連した不当な偏見、差別はあってはなりません。
法務省と厚生労働省では、それぞれ新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方からの相談を受け付けています。
困った時は、一人で悩まず、どうか相談してください。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い,来庁される方々への感染拡大防止のため,法務局・地方法務局(支局を含む)では,当分の間,できる限りインターネット又は電話による相談をお願いしております。

◎ご相談はこちらから◎ インターネット人権相談受付窓口のホームページです。パソコン,スマートフォン,携帯電話からご利用になれます。 なお,端末の環境により,相談をご利用いただけない場合があります。その場合は,恐れ入りますが,電話相談をご利用ください。

◎電話番号 0570-003-110◎ 受付時間 平日午前8時30分から午後5時15分まで


 

厚生労働省「くらしや仕事の情報」

▼生活を支えるための支援のご案内

雇用調整助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金、テレワーク、小学校等の臨時休業等に関する支援、妊娠中の女性労働者等への配慮、融資・貸付等、社会保険料の猶予等、中小企業退職金共済制度など、さまざまな支援について詳しくご案内しています。

コールセンターへのご相談
学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金コールセンター
0120-60-3999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)
個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター
0120ー46-1999
受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)

リーフレットに分かりやすくまとめられています。ご参照ください。
>>生活を支えるための支援のご案内リーフレット 


 

現在東京都では、コロナウイルス感染拡大の第2波ともいえるような感染者数が日々報告されています。クラスターに関わるものに限らず、家庭内での感染、職場での感染、または感染経路が不明など、さまざまな状況でウイルスが拡大しています。
東京都では、都内の「感染状況」と「医療提供体制」を2つの柱として7つのモニタリング項目を設定しています。 毎週、専門家による状況分析を項目ごとに行い、都内の感染状況と医療提供体制それぞれについて「総括コメント」として4段階で評価しています。>>東京都COVID-19ホームページ

またWHOでも「夏だから感染拡大が落ち着くということはない」と発表しており、さらに接触感染・飛沫感染と同等にエアロゾル感染の感染力が強いこともわかってきました。

このような状況から、今後ますますしっかりとした予防対策が重要な鍵となっていきます。
・こまめな手洗いを徹底しましょう。(必ず石鹸・ハンドソープを使用して指先や手の甲、手首もしっかり洗いましょう)
・外出する際や会話をする際には、熱中症に注意し、マスクを着用しましょう。(密閉された空間では布マスクではなく使い捨て不織布マスクを推奨します)
・人と人との距離、ソーシャルディスタンスを保ちましょう。(人とは3歩の間隔を空けましょう)
・3つの密(密閉、密集、密接)を避ける行動をしましょう。(とくに会話・おしゃべり、会食などは飛沫への注意が必要です)


 

「感染防止徹底宣言ステッカー」掲示の店舗等利用の推奨
都では、事業者が実施すべき感染防止対策を全て実施した場合に、事業者の申請に基づき「感染防止徹底宣言ステッカー」を発行する取組を行っています。
店舗等を利用する際には、本ステッカーが掲示されている店舗等を利用しましょう。

※このステッカーに表示されているQRコードを読み取ると、その店舗等で実施している感染防止対策が記載されたチェックシートが表示され、事業者の方々が実践している取組を確認することができます。


・事業者が感染拡大防止のために実践すべき取組を具体的に示したチェックシートを新たに作成し、ホームページ上で運用を開始(チェックシートは、ガイドラインで示した劇場・音楽堂、映画館等24業種と、該当がない業種向けの計25種類。令和2年6月12日時点)
・事業者がチェックシートの全ての項目をチェック・実践し、WEB上で申請することで、「感染防止徹底宣言ステッカー」をオンラインで発行
・事業者は、「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗に掲示し、感染防止対策を適切に実施していることを宣言

>> チェックシートPDFはこちら

東京都 新型コロナ対策パーソナルサポート

東京都では、LINEを活用し一人ひとりに応じた情報を提供しています。

LINE公式アカウント「新型コロナ対策パーソナルサポート@東京」と友だちになり、ご自身の健康状態等を入力いただくことで、一人ひとりに応じた新型コロナウイルス感染症に関する情報を受け取ることができます。
こちらから、「新型コロナ対策パーソナルサポート@東京」を友だちに追加してください。
※利用にはLINEアプリへの登録が必要です。


 


 

聴覚に障害のある方等、電話での相談が難しい方へ

新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる方の相談や、感染の予防に関すること、心配な症状が出たときの対応など、新型コロナウイルス感染症に関するご相談をファクシミリで受け付けています。

FAX番号 03-5388-1396
FAX相談票をダウンロードし、ご記入の上、上記FAX番号あてにご送付ください。

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook
03-3710-6119