医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2015.01.31更新

「私たちはサッカー日本代表を応援します!」



クリニック入り口、入ってすぐ左手に
サッカー日本代表ユニフォームを飾りましたヽ(*´∀`)ノ

代表選手のサインも是非見ていってくださいね♪゚+.o.+゚
背番号が一緒に書いてあるので、
どれが誰のサインか好きな方はわかると思います。

長友選手のサインは、
番号なしでも字の形でわかると思います(´∀`)

オォ~オ~ゥオ・オ・オ オオゥウォーオ
 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2015.01.24更新

瘢跡とは外傷・手術・やけどの後に見られる傷跡のこと

深い傷は治る時に肉芽組織ができ、最初の数ヶ月間は赤く、
痒みや痛みなどの症状があります。



半年~1年経つと自然に赤みも取れ、白い平らな成熟傷跡になります。
傷跡の幅が広い、皮膚のシワに逆行して目立つ場合、
この時期に傷痕を切除・縫縮して細い線にすることができます。

肥厚性瘢痕は、傷の治りの悪い場合に見られます。
傷が塞がっても、その上の皮膚から隆起して赤く盛り上がって、
引きつれや痒み、痛みを伴います。
その後、次第に赤紫色になり色も薄くなってきますが
、赤味が消えて平坦になるもの、軽度の盛り上がりを残すものなど様々です。

治療は、時間をかけた注意深い経過観察が重要で、
まずは保存的治療を行います。患部は圧迫せず、
できるだけ安静を保つことで、肥厚性瘢痕の発生を抑えられます。

それでも改善が思わしくないもの、
できるだけきれいに傷跡を治したい方には手術治療を行います。
完全に傷跡を消すことは難しいですが、傷痕が目立たなく、
きれいになるよう尽力しています。

お悩みの症状がありましたら、ぜひご相談ください。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.09.20更新

*脳神経外科は、4日、11日、25日代診の医師による診察です。
4日(土) 中島先生
11日(土) 伊澤先生
25日(土) 深見先生

*泌尿器科の担当医は10月より長尾剛先生がつとめます。
なお、14日(火)は泌尿器科休診です。

*内科
31日(金)森先生お休み 代診の医師による診察です。

*小児科
6日(月)・9日(木)飯島先生お休み 代診の医師による診察です。

21日(火)佐藤先生 午後の外来は夕方5時で受付終了です。

*形成外科皮膚科 9日(木)休診


ご理解とご協力をお願い申し上げます。


投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.07.26更新

夏休み、海外へ出かける方も多い時期です。 
せっかくの海外だからと意気込んで、過密な日程や、
慣れない食事や水で、
普段は病気をしないという人も体調を崩すことは案外多いと聞きます。
高山病、気候の違いや地域で流行している感染症にも十分注意が必要です。

行く前に感染症に対する正しい知識や予防法、
最新情報を確認しておくことが大切です。
現地での行動にもよりますが、ほとんどが食べ物や水からの感染です。
衛生状態のよくない地域での飲食は、細心の注意が必要です。



また、日本で発生していない動物や蚊、ダニなどが媒介する
病気が流行していたりはしかやポリオが今も流行している地域もあります。

感染症には潜伏期間が数日~1週間以上と長いものもあり
、帰国後しばらくして具合が悪くなることも。
その場合、必ず医療機関を受診し、渡航先と期間、現地での飲食状況、
現地での活動内容、 動物との接触の有無、
ワクチン接種歴などを必ず伝えましょう。

せっかくのお休みは、是非健康に元気に過ごしたいものですね!

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.05.24更新



原因①ストレス

心因性の頻尿は高齢者以外でも年代に関係なく
大人から子どもまで幅広く起きます。

原因②加齢
運動量が減り汗も減少、その分排尿によって水分排出をする
必要があるため。
加齢で腎臓や膀胱の働きの衰えも影響。

原因③細菌
突然の頻尿は細菌感染の可能性。
細菌膀胱炎は男性よりも女性の方が多い。
女性の方が尿道と肛門が近いため、
大腸菌が付着して感染しやすい。
細菌膀胱炎になると頻尿だけでなく、痛みも出ます。

原因④前立腺肥大
中高年の男性で一番多い要因は前立腺肥大症。
前立腺が肥大して尿道や膀胱が圧迫され、
残尿感を感じたり、排尿に時間がかかっしてしまう。
前立腺肥大症は50 歳頃から出現して65 ~ 74 歳でピークに。
55 歳以上の5 人に1人とも言われている。




泌尿器科・小田垣先生からアドバイス

一言に「頻尿」といってもタイプも原因もいろいろあります。
夜間頻尿、切迫性頻尿(突然強い尿意を感じ我慢できないもの)や、
失禁を伴う頻尿など・・・。
また、男性の原因では前立腺肥大症、
女性では膀胱炎や過活動膀胱などが多いと言われています。
どれも良性疾患ですが、中には前立腺癌や膀胱癌などの
悪性疾患が原因のこともあります。
不眠、長時間の外出ができないなど著しく生活の質を
落としますので、まずは一人で悩まず、
一度ご相談いただければと思います。
原因をはっきりさせれば、
薬による治療や手術などによって改善を見込めます。

 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.05.24更新

体力に自信がある人でも、お尻の筋力は低下しやすいものです。
お尻に力が入っていないと背中が丸くなったり、
腹筋も弱りやすくなって、姿勢が悪くなります。

変形性膝関節症や内臓の働きにも
影響が出るとも言われています。

そこで、お尻の筋力の状態をチェック!
理学療法士のやり方「MMT ( 従手筋力検査法)」だと、
専門知識を要するので、
気軽にできる簡単な方法を紹介します。ズバリ!

片足立ちで長く止まれるかどうかです。

立ち姿勢から片足を上げてバランスをとります。
出来るだけ長く立てるようにチャレンジしてみましょう!

このとき軸足になるお尻の筋力が大まかに分かります。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.04.19更新

麻疹の流行が大々的にニュースにあがるようになりました。

また、流行とまではいかないまでも、
いまだに風疹も油断はできない状況です。

以下は、東京都感染症情報センターより引用した資料です。
麻疹と共に、風疹の予防にも
十分気を付けていきましょう。



風しんの流行状況(東京都 2014年4月11日)

2011年以降は少ない患者報告数で推移していましたが、
2012年6月から大きく増加し、
2013年は3444人と非常に大きな流行となりました。

また、2013年の先天性風しん症候群(CRS)の報告は13人となり
調査が始まって以来最も多くなりました。
2014年もすでに3人が報告されています。

都内では依然、患者の報告が続いています。
今後の発生動向に十分ご注意ください。

第14週(3月31日~4月6日)は5人の報告がありました。
2013年のピークの時期からは大きく減少しましたが
依然として患者の報告が続いており、十分な注意が必要です。



投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.04.17更新

喘息をおもちの方は、症状が出やすい季節というと
1位に「秋」
次いで2位に「春」と答えられる方が多いようです

春は朝晩の冷えによる夜間咳や

乾燥した空気によってアレルゲンが空気中に舞い上がり
それを吸い込んで症状が出現したり

花粉にアレルギーのある方の喘息も
春は過ごしにくい季節です

まずは予防をしましょう!

空気中のアレルゲンには、湿らせたマスクを着用し
帰宅時には玄関で衣服についたアレルゲンを払いましょう

最近では掃除機に取り付ける花粉などを吸い取る
ノズルなど、便利なものも販売されています



夜間は副交感神経が優位に働き、
気管支の緊張が起こって喘息のヒューヒューという発作が
起きやすくなります
また、朝の午前4時~5時にかけて、気管支が一番細くなるデータがあります。
さらに夜中~明け方の冷え込みで気管支が収縮して
強い発作を起こしやすくします。

夜間~朝方の気温差に体を冷やさないよう注意し
布団などだけでなく、寝室の空気そのものの
湿度と温度に気をつけましょう


 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.04.11更新

空気感染し、とても感染力が強い麻疹。
春に流行りやすい病気のひとつです。



特に小さなお子様はしっかりワクチンを受けて予防しましょう。

☆麻疹・風疹の混合ワクチン(MR)

1期、および2期に1回ずつ予防接種を受けることで、
より長期間免疫を作ることができます。
1回では十分に免疫がつかない場合もあるので、
2期までしっかり受けましょう。



(資料 厚生労働省 麻疹対策ガイドラインより)

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.03.22更新

春は、気温の上下なども激しく、
また人間関係においても職場が新しくなったり
引っ越しをして住まいが新しくなったり

様々な変化の多い時期です。

気温の激しい変化に伴って、体温の調節機能を
フル稼働させたり

新しい人間関係を築く中での心の疲労など

心身が順応していくまでにはストレスを溜め込みやすくなり
自律神経が不安定になってしまうと
結果としてメンタル面でも不安定になってしまいます。


自分自身にとってのストレス解消は何か
スポーツだったり
映画鑑賞だったり
自分のプライベートな時間で心を逃がしてあげましょう。


また、毎日の起床から就寝までのリズムを
できるだけ乱さないようにして
1日3食 バランスよく食べることはとても大切です。

「季節の野菜」「季節のお魚」



旬の食べ物は、その季節の体作りに合った栄養価を
多く兼ね備えていることも多いので

積極的に「旬のもの」を食べるのも良いでしょう。


 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

前へ 前へ
椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook