医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2017.02.28更新

今年も早速はじまってしまった花粉の飛散する季節。すでにたくさんの患者さんが花粉症の症状で受診されています。

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、涙目、皮膚のかゆみ、などなど、症状は様々です。

花粉症 注射 ヒスタグロビン

内科では、花粉に対するアレルギー症状を緩和するヒスタグロビン注射をおこなっています。

アレルギー反応を抑制する生体物質であるヒスタグロビンを定期的に(6回1クール)皮下注射することで、

体内でアレルギー反応が起こり徐々に抗体がついていきます。

そのため、花粉などのアレルゲンによりヒスタミンが生成されても抗体が予めできているのでアレルギー反応を弱めることができます(症状が出にくくなる・弱まる)。

まずは内科にて担当医にご相談ください。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.27更新

こんにちは。

ゆうあいクリニック小児科の飯島です。

 

前回は熱についてお話しさせていただきました。

今回は、診察でもよくある質問のひとつである

「解熱剤は使った方がいいの?使わない方がいいの?」

といった解熱剤の使用方法についてお話しします。

 

解熱剤は風邪をなおす薬ではなく、熱を下げて熱の辛さを一時的に緩和する薬です。

前回のブログで「発熱すること自体はお子さんの身体を病原体から守るのに必要なことであり、怖いことではない。」ということをお話ししました。

この説明に対して「身体が病原体と闘っているのであれば、解熱剤はしようしないほうがよいのでしょうか?」と、お母さんお父さんが疑問に思うのは当然だと思います。

 

そのような質問があったときは「お子さんの全身状態をみて判断しましょう。38.5℃以上の熱でお子さんがしんどそうにしているとき、水分や睡眠が十分とれないときは使用しましょう。」と私は指導しています。

いくら熱を出すことで身体が病原体と闘っていてもお子さん自身が熱でダメージをうけてしまえば回復は遅れます(脱水になってしまう可能性もあります…)。熱でお子さんがしんどそうなときは解熱剤の力を借りましょう。

 

そして、ここでひとつ注意点です。

子どもで安全に使用できる解熱剤はアセトアミノフェンという成分が入ったものです。私たち小児科医は通常解熱剤としてこのアセトアミノフェンを処方します。決して大人で使用するロキソニンやアスピリンなどの解熱剤を使用しないでください。お母さんの常備薬を割って内服させたりはしないでくださいね。

 

前回と今回のブログでお子さんのお熱のメカニズムや、むやみに怖がらなくてもよいこと、どんなときに解熱剤を使用すればよいか、少し理解していただけたでしょうか?

 

もちろん、比較的元気であったとしても熱が続くときや、顔色が悪くぼーっとしているなどお子さんの全身状態が悪いとき、生後3ヶ月未満のお子さんの発熱のときは必ず早めに受診をしてくださいね。

 

次回はあかちゃんの鼻水についてお話します。

風邪


 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.24更新

こんにちは。
ゆうあいクリニック小児科の飯島です。

ゆうあいクリニック小児科でお子さんの診療にかかわるようになり、今年で7年目を迎えることになりました。

生後2ヶ月の予防接種から通ってくださっているお子さんたちはすでに小学生になっていますので、診察室でその成長によく驚かされます。

このように日々の診療を通して、保護者の方から聞かれることが多い質問や子どもの病気についてお役に立てるような情報を発信していければと思います。よろしくお願いします。

 

初回はについてお話しします。

 

お子さんが発熱したとき、特にそれが初めてのお熱のときは焦りますし、心配になりますよね。また、夜間の急な発熱はお母さんお父さんを不安にさせます(そしてなぜか子どもは夜に熱を出すのです!)。

 

「高い熱で脳に障害がでることは!?」

お子さんが高い熱をだしたとき、これが1番心配なのではないでしょうか?

確かに脳に深刻なダメージを与える病気はいくつかあります。しかしそれは、病原体が脳に侵入して脳の組織を侵したためであり、熱が直接の原因ではありません。

たとえ40℃の熱があったとしても熱だけで脳がダメージをうけることはありません。お子さんの急な発熱に気づいた際、『すぐに熱を下げないと脳がだめになってしまう!!』と焦らなくても大丈夫なのです。

 

それでもお母さんとお父さんを不安にさせる熱。

そもそもどうして熱はでるのでしょうか?

 

ひとの体はウイルスや細菌に感染すると脳が体温を上げるように指令を出します。そして熱がでることによって病原体の増殖を抑えたり、免疫の力を高めたりしているのです。

ですから、お子さんの発熱は身体と敵と闘っているというサインでもあるのですね。

このため、本人が比較的元気であれば熱があっても一律にその熱を下げる必要はないのです。

発熱すること自体はお子さんの身体を病原体から守るのに必要なことであり、怖いことではないことはわかっていただけたでしょうか?

 

「では、解熱剤は使わない方がいいの?」 

小児科でよく聞かれる質問です。

次回のブログでは、解熱剤とその使い方についてお話ししたいと思います。

 

発熱 

 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.24更新

しばらくブログをupしておりませんでした。

申し訳ありません。
これからは院長ブログをもっと書きたいと思います。
つきましては「院長ブログがどんなものであるべきか。」
について意気込みを少し書きたいと思います。


まず、どんなことを書いていこうかというと、

■その日の日記のような記事
毎日の活動の中で起きた出来事や発見した気づきなど、
面白いなあと思われることも徒然に書きたいと思います。x

今年の初詣です。

■面白いトピックス
医療においては
⑴ 最新で話題の治療法について。
⑵ 生活習慣上、普段何気なく行なっていることの間違いや常識の盲点など
「へ〜、そうなんだ。」と気づいていただける記事をお伝えします。

■整形外科医療の最新情報
整形外科ではEcho下筋膜剥離術やPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)など
当クリニックに特徴的な医療情報をお伝えしたいと思っています。

■up to dateな医療情報の発信
内科や小児科ではインフルエンザの流行時期や対処方法など、
その時々の最新の医療情報を発信していきます。
日常の生活において役に立つものと思います。

■丁寧な説明
記事の中では専門用語をわかりやすく、噛み砕いて説明していきます。
(例1)筋膜って何?
(例2)椎間板って何?
(例3)坐骨神経痛って何?
など一つ一つ理解していただきたいと思います。

■動画
また、説明においては動画も利用していきたいと思っています。
今はもう動画の時代ですよね。

■橋渡し
全体を通してクリニックと患者様を繋ぐ、
“架け橋”のような存在になりたいと思います。
ご愛読よろしくお願いします。

この海はどこに続いているのかなぁ・・・

→院長ブログへ   →PLDD椎間板ヘルニアレーザー治療ウェブサイトへ

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.21更新

「シリアでは年老いた家族を老人ホームに入れることなど、かつてはほとんど考えられなかった。しかし約6年に及ぶ内戦と避難生活により、今や多くの家族には選択の余地が残されていない。内戦によって、若者は命を奪われたり外国への避難を余儀なくされたりする中、年老いた親たちは過密さを増す一方の老人ホームに送られている。」(文章・写真AFP BB NEWSより引用)

 

病院の誤爆のニュースなど、シリアまた周辺国では医療も危機にあることを見聞きします。

そんな中、このダマスカスにある老人ホームでいつか家族に会えることを待ちわびながら暮らすお年寄りの方々がいます。

1日でも早く平穏な日々が訪れて、家族の再会が叶い、笑顔と団欒の時間が持てるようになることを願うばかりです。

ブログイメージ

 

ブログイメージ

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2017.02.18更新

寒い毎日、どうしても背中を丸めて身体をこわばらせてしまう季節です。

そうなると日頃感じている肩こりがいよいよ悪化してきませんか?


目黒ゆうあいクリニックでは、エコーで肩こりの具合を確認しながら、

こりの原因となっている部分に薬液を注入して痛みやこわばりをしっかり治療する「筋膜剥離術」を行なっています。

筋膜剥離

筋膜剥離

筋膜剥離


最近ではこの治療を受けられる患者さんがとても増えています。


肩こりがグッと楽になるのを即座に実感できる治療、


ご希望される方は整形外科を受診の上、お気軽に医師にご相談ください。


https://www.youtube.com/watch?v=G0xUzhRJPiE

 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook