医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2015.12.26更新

ロシアの医療連邦憲法により規定され、
全ロシア国籍者は1996年より法定健康保険に基づいて
無料で医療を受ける権利があります。
しかしながらソ連の崩壊によって社会・経済・生活様式が変化し、
ロシア人の保健状態は悪化してきているのが現状です。


(ウィキペディアより)

ロシアの男女における平均寿命は男女差が大きく、
2009年のロシアの平均余命は、男性が62.77歳、女性が74.67歳でした。
ロシアの平均寿命は68.67歳であり、EUや米国の平均よりも10歳ほど下回っています。

女性に比べ、男性の平均余命が低い理由は、
労働年齢における高い死亡率が最も関連するとされ、
つまりアルコール中毒・ストレス・喫煙・交通事故・暴力犯罪など
予防可能な要因によるものではないかとされています。
ロシア人男性の死亡率は1991年に比べて60%上昇しており、
これはヨーロッパ平均の4倍にも及ぶのです。

そのために平均余命の男女差が開いています。
人口の男女比にもその差はあらわれており、
女性1人あたりの男性は0.859人でした。

ロシア連邦保健省の専門家によると、
無水アルコールに換算した2014年の一人当たりの平均アルコール摂取量は
11.5リットルで、2008年の16.2リットルより減少していました。
これは対策の効果のあらわれているのではないかとされています。
ロシアでは未成年者へのアルコールの販売がより厳しく管理され、
アルコールのCMと夜間の販売が禁止されるようにもなりました。

子どもはリスク・グループ。子どものアルコール摂取を防止すれば、
健康な大人が増えるだろうという見解もあります。



ロシアでも、健康寿命がより長くなるといいですね!

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2015.12.19更新



いよいよ今年も年の瀬になってまいりました。

何かと慌ただしくなる季節、
大掃除などで思わぬ怪我をされる方も多いようです。
急に重たいものを運ぼうとして腰を痛めてしまったり・・・

インフルエンザは、当院ではまだあまり出ていませんが、
人の行き来が多くなる季節は特に注意しましょう。
手洗い・うがい、外ではマスクの着用など、ひとりひとりが気をつけることで
流行を最小限に抑えることができるかもしれません。

病気やケガに気をつけて、
健やかに年末年始を迎えたいものですね!

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook