医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2014.05.24更新



原因①ストレス

心因性の頻尿は高齢者以外でも年代に関係なく
大人から子どもまで幅広く起きます。

原因②加齢
運動量が減り汗も減少、その分排尿によって水分排出をする
必要があるため。
加齢で腎臓や膀胱の働きの衰えも影響。

原因③細菌
突然の頻尿は細菌感染の可能性。
細菌膀胱炎は男性よりも女性の方が多い。
女性の方が尿道と肛門が近いため、
大腸菌が付着して感染しやすい。
細菌膀胱炎になると頻尿だけでなく、痛みも出ます。

原因④前立腺肥大
中高年の男性で一番多い要因は前立腺肥大症。
前立腺が肥大して尿道や膀胱が圧迫され、
残尿感を感じたり、排尿に時間がかかっしてしまう。
前立腺肥大症は50 歳頃から出現して65 ~ 74 歳でピークに。
55 歳以上の5 人に1人とも言われている。




泌尿器科・小田垣先生からアドバイス

一言に「頻尿」といってもタイプも原因もいろいろあります。
夜間頻尿、切迫性頻尿(突然強い尿意を感じ我慢できないもの)や、
失禁を伴う頻尿など・・・。
また、男性の原因では前立腺肥大症、
女性では膀胱炎や過活動膀胱などが多いと言われています。
どれも良性疾患ですが、中には前立腺癌や膀胱癌などの
悪性疾患が原因のこともあります。
不眠、長時間の外出ができないなど著しく生活の質を
落としますので、まずは一人で悩まず、
一度ご相談いただければと思います。
原因をはっきりさせれば、
薬による治療や手術などによって改善を見込めます。

 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2014.05.24更新

体力に自信がある人でも、お尻の筋力は低下しやすいものです。
お尻に力が入っていないと背中が丸くなったり、
腹筋も弱りやすくなって、姿勢が悪くなります。

変形性膝関節症や内臓の働きにも
影響が出るとも言われています。

そこで、お尻の筋力の状態をチェック!
理学療法士のやり方「MMT ( 従手筋力検査法)」だと、
専門知識を要するので、
気軽にできる簡単な方法を紹介します。ズバリ!

片足立ちで長く止まれるかどうかです。

立ち姿勢から片足を上げてバランスをとります。
出来るだけ長く立てるようにチャレンジしてみましょう!

このとき軸足になるお尻の筋力が大まかに分かります。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook