医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2012.11.24更新

免疫疾患 免疫不全 という言葉を見聞きして
HIV、AIDSのことだけを指すと勘違いされている方が多いことを
最近知りました・・・




違いますよ!
免疫疾患、免疫不全というカテゴリーにある疾患はたくさんあります。

例えば、関節リウマチ、全身エリテマトーデスは自己免疫疾患です。
体の免疫が何らかの原因によって自己抗原や細胞を攻撃してしまうのが自己免疫疾患。
とても身近な疾患にもありますね。

免疫不全とはマクロファージ、T細胞、B細胞などの免疫を司るいずれかの機能が
「機能しない」または「機能低下している」という状態をいいます。
また、その中でも原発性(先天的なもの)と後天性のものがあります。

X連鎖無ガンマグロブリン血症、ディ・ジョージ症候群、毛細血管拡張性失調症、白血球接着不全症、補体成分1(C1)抑制因子欠損など、原発性免疫不全疾患はたくさんあります。

これに対し、後天性免疫不全症候群AIDSは、
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことで、
一般にエイズ(AIDS)の略称で知られています。

HIVの感染経路はとても限定的で、

1. 性行為感染
2. 母子感染
3. 血液を媒介する感染

以上の3つの経路から感染します。

また、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染している人=AIDSではありません。
HIVが免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症をAIDSといいます。
 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.11.24更新


猫カフェ

ワンちゃんカフェ

最近は工夫を凝らして 動物と一緒にお茶を楽しむ
そんなカフェもすっかり定着して

それでは こちらのカフェはいかが・・・?


「爬虫類カフェ」


ええええーーーーーーー(@_@;) な方も多いかなと・・

でも、かわいいんですよ、この子たちも。




熱帯魚には「アクアリウムセラピー」と呼ばれる
癒しの効果があるとされています

ゆらゆら揺らめく魚たちと 水と




心を空っぽにして 水槽をみつめていると
脳内に「シータ波」が次第に出てきて
主に緊張をほぐす効果を得られるそうです。

シータ波は、うとうと眠りのレム睡眠時などにみられる脳波

「心地よい」状態の脳になると でてくる脳波だそうです。


アクアリウムにはそういう効果が。

ビバリウムにも なにがしかの癒し効果があるかもしれませんね・・

少なくとも、筆者はビバリウムにもアクアリウムにも
癒しを感じています(#^.^#)



 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.11.24更新



ビビッドなピンク色がステキ(^O^)

とても目に入りやすい看板になりました!

日が暮れてから、明りがつくとますますキレイな看板になりました

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.11.16更新

夏の間、汗や皮脂、

高温多湿の気候のためなかなか気づくことの出来なかった肌の乾燥。


燥邪

寒くなってくると空気が乾燥してきますが、
知らないうちに体全体の潤いも奪われているのです

夏のダメージが蓄積された肌にとって、
秋の乾燥した空気はとても危険なものになってしまいます。

弱体化した角質層の肌には、秋の爽やかな風さえ、
冬の乾燥と同じくらいのダメージとして受け取ってしまいます。

体の潤いがなくなってくるとまず、
唇、喉、鼻といった粘膜に異常が起きてきます。

実は唇が荒れたり、鼻水やくしゃみ、のどの痛みは
体の潤いがなくなっているというサインなのです。

そしてこれらのサインをほっておくと風邪になります。

これからの寒い季節を元気に過ごす為には
今のうちに水分をしっかりとることをオススメします。

甘くて美味しい杏仁豆腐は、
実は喉によい杏の種を使用しています。
カラカラした喉には良いスイーツですし、
秋の果物、あんず、レモン、ぶどう、梨、柿も
身体に水分を補う働きがあります。

豚肉と大根を普段のおかずに積極的に
取り入れることも良いでしょう。
これらの食材も身体の水分補給に大変効果のある食材です。

タイトルの「燥邪」。
燥邪のダメージをもっとも受けやすいのは「肺」です。
肺は「潤いを好み、乾燥を嫌う」という性質があるため、
肺が乾燥した状態になると様々に体の不調を起こします。
肺の機能が弱まると、大腸にも影響が出てきてしまい、
便秘がちになることもあります。

肌に限らず、
体全体の水分をきちんと補っていくことが、
健康な秋の過ごし方
です。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.11.12更新

ケガ予防ストレッチ


スポーツの秋、転倒予防教室でも
「ゆうあい式体力測定会」を開催しました。
当院では筋力・持久力・俊敏性・柔軟性・バランス性
5つを測定しました。

大勢の参加で活気ある測定会でしたが
「私、身体が硬いのよ」という声を多く耳にしました。
そこで柔軟性を高める簡単な3つのストレッチを紹介します。

ポイントは  ①反動をつけずにゆっくり
②気持ちいいと感じるところで約15秒姿勢を保持
③呼吸を止めないように④入浴などで体を温めた時に
⑤無理せず毎日続ける
  の5つ。

寒くなると身体が冷えて筋肉や関節が硬くなり動かし難く
ケガもしやすくなります。
本格的な冬の前にストレッチを習慣づけて
「柔らかい身体」を手に入れましょう!

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.11.10更新

寒くなってきましたね!
いよいよ冬も間近・・・いつのまにか年末・・・
そしてお正月・・・1年って早いです

寒いときはお風呂で温まりましょう!

いいお風呂でポッカポカ♪ のはずが

しばらくしたら足先が冷えてる!とかありませんか?
肩こりもせっかくほぐれたのに、
寝るころにはジワジワと痛みが復活。。。などなど

お風呂効果を長時間 持続させたい方も多いと思います



大切なのは、せっかく温まった体を冷やさないこと

具体的にどんなことをするといいでしょう

1. 乾いたタオルを首に巻く。

2. 靴下をすぐにはく。

3. カーディガンやガウンを着て背中を冷やさない。


お風呂から上がった後は、
温まった体なのでついつい薄着したり、
靴下をはかないで裸足で歩いたり。

これらはせっかくのポカポカを逃がしてしまいます。

上の3つのポイントをおさえてみるだけでも、
温浴効果はぐっと長続きします。

ぜひ 試してみてください。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.11.10更新

目黒ゆうあい寄席


つ・つ・つ 遂に

第20回~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!

目黒ゆうあい寄席なのです!

もう20回目なのですね。。
早いものです。あっという間にこの日が来ました!

みなさん、最近お腹を抱えて笑っていますか?
わたしはたった今、笑ってきました!

古典落語と新作落語。

立川談之助師匠と春風亭百栄師匠

そして笑点でもお馴染みの
めおと楽団ジキジキさん

じっくりお話を聞いて、ツボやオチを探り、
大きな声で笑う。とても脳に良いことです。

12月も開催します。
ぜひ是非 ご来場ください!

目黒ゆうあい寄席

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook