医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2012.02.25更新

『痩せているほうが健康だ』という意識を持っている方も
多いかと思われますが、
糖尿病を発症した人のうち最も多い体型は
【痩せた人】であったという調査結果があります。
【太る=糖尿病】と思われていたり、
太ることは健康に悪いこととしか理解されていない現状があります。


糖尿病の定義はインスリンが分泌されても
ブドウ糖が使えない状態です。
あまり痩せすぎると脳がブドウ糖を確保するあまり体の方が
栄養失調気味になり糖尿病や病気を発症してしまうという説もあります。



太っていないのに太っていると思い込んだり、
とことん痩せているのが美しいという意識が蔓延しています。
もちろん、太りすぎは良くありませんが、
脳に余裕をもってエネルギーを供給できるような
体の環境は持っておきたいものです。


若い女性はスタイルこそ大切で
小太りなどもってのほかかもしれませんが、
女性でも60歳や70歳になったら脳に栄養を与えられるような
生活を送ったほうが健康な人生が送れるという統計もあります。


やせている若い女性が、ここ20~30年間増え続けていて、
厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば
体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割ったBMI(体格指数)が
18・5未満の「やせ」の割合は、20代女性の場合
84年は14・8%でしたが
04年には21・4%と5人に1人を超えたということです。


やせ過ぎが招く危険の一つに、
骨密度の低下による骨折があります。
米国で65歳以上の女性を対象に、
体重と大腿(だいたい)骨骨折の関係を調べたところ
「とても軽い(57・8キロ以下)」グループは
「とても重い(73・3キロ以上)」グループより骨折した人が
2倍も多かったという調査結果があります。
肥満で骨に負担がかかるよりも、
やせ過ぎで骨密度が低下することの方が
骨折の危険度を高めていたとみられます。


痩せることにこだわるあまり、行き過ぎたダイエットなどから
拒食症を患ってしまうこともあります。
ガリガリに痩せた姿は「スタイルが良い」とは全く異なる
不健康な状態です。


痩せすぎない・太りすぎない。
正しい知識をもち、正しい情報を選んでいくことが大切です。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.02.24更新

春眠不覺曉 處處聞啼鳥 夜來風雨聲 花落知多少



「春暁」孟浩然、盛唐の詩人が詠んだものです。
とても有名な詩ですね。
ではなぜ、「春は日中も眠気がとれない」のでしょうか。

<自律神経>
春になって眠気を感じるようになるのは、気温の変動が激しいために
自律神経がその変化についていくために必死に働き調節をはかります
適切なときに適切な調節がうまくいかなくなることも起こるわけです
働きのリズムが狂うと、本来緊張状態で活動するべき昼間なのに
夜間のリラックスモードの調整を行い、眠気を誘うという可能性も出てきます
これに加え、脳内で分泌されるメラトニンの影響も考えられます
メラトニンは暗さを感じることで分泌を始め睡眠へ誘導する脳内物質です
春先には日照時間が長くなりますがメラトニン分泌が
冬のパターンをひきずっていると、その時期にしては多すぎる
睡眠誘導物質が体内にあることになります

<新陳代謝>
温かくなると新陳代謝が活発になります
新陳代謝が活発になると、血液が身体のすみずみまで
くまなく届いて頭や皮膚に行き渡り、古い皮膚や髪の毛が
新しいものに作り替えられていきます
また食欲が増進するため、たくさん食べると血液は
胃や腸に集まっていき、栄養素の運搬作業を行います
つまり春は、新陳代謝が活発になり、血液が皮膚の表面や
胃腸に集まりやすいということになります
その結果、脳に送られる血液の量は少なくなります
このため、脳はエネルギー不足になり眠くなってしまいます。

<ビタミンB群不足>
暖かくなって身体の各器官の動きが活発化すると
糖質や脂質から盛んにエネルギーを作る必要があります
エネルギー変換の際にはビタミンB群などが大量に消費され
こうした栄養素の不足が疲れやだるさ
ひいては春の眠気を招いているといわれています
豆類や豆腐など、ビタミンB群を豊富に含む食品を
積極的に摂取してビタミンバランスの調整を心がけましょう

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.02.14更新

豆苗はくせのない、甘味のあるおいしさが人気ですが、
栄養面でも優れています。
豆苗はきれいな緑色からもわかるように、
ビタミンやミネラルがたっぷりの
緑黄色野菜です。


豆苗は、β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含みます。
これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの
約1.1倍に相当する含有量です。

その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、
β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は
一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の
含有量を上回る、とても栄養豊富な食材なのです。


『五訂 日本食品標準成分表』より 可食部100gあたりの数値
タンパク質 4.8g
ビタミンA 4700mcg
ビタミンE 2.8mg
ビタミンK 320mg
葉酸 150mcg
パントテン酸 0.7mg
食物繊維 3.1g
 


  炒め物やスープ、お鍋など加熱料理に使われることも
多いのですが、生でも食べられる便利食材です。
ほのかなエンドウ豆の香りと甘味があり、
シャキシャキとした食感が特長。

アクが少ないため、下ゆで等の必要がなく、
そのまま炒め料理に使ったり、
電子レンジで加熱しておひたしなどにも使えます。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.02.13更新

明日はバレンタインデーですね!
美味しく見た目にも可愛らしいチョコレートがたくさん店頭に並んでいます。
そこで今回はチョコレートに秘められた健康効果についてご紹介します。



抗酸化作用のポリフェノール

◎動脈硬化の予防◎
動脈硬化を引き起こす原因である血中の悪玉コレステロールを
除去したり、活性酸素による動脈硬化の進行を防ぐ作用があります。

◎ガンの予防◎
抗酸化作用が、細胞がガン化するのを防いだり、
ガン細胞の増殖を防いだり、免疫力を強化します。

◎抗ストレス作用◎
ストレスにより増加するホルモンの分泌を抑えたり、
精神的ストレスに対する抵抗力を強める作用があります。

◎抗アレルギー作用◎
アレルギー症状を引き起こす活性酸素の過剰な発生を抑え、
抗体や炎症を起こす物質を作らないような作用があります。


ストレス軽減・集中力アップ

チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果が
あることがいろいろな実験から明らかになっているそうです。
また、チョコレートにはテオブロミンという成分が含まれており、
神経を鎮静させる作用があることもわかっています。

⇒要注意!「動物にはチョコレートは絶対与えてはいけません」~
この「テオブロミン」は、カフェインに似た物資です。
動物はこれを分解する酵素を持たない為、
誤って口に入れると嘔吐・下痢・痙攣などを起こして
時には昏睡状態に陥ってしまうこともあるのです。
症状が出るのはチョコレートを食べて4~6時間経ってからです。
絶対に与えないよう注意してください。


驚きの殺菌作用

胃炎の原因であるピロリ菌。
これを殺菌する効果がココアにはあるといわれています。
それは、ココアに含まれる「カカオFFA(Free Fatty Acid)」という
成分で、カカオバターに含まれている遊離脂肪酸。
これは、カカオ豆を発酵したり、ココアの製造過程でつくられるものです。
とくに、ピロリ菌の殺菌効果があると認められたのは、
「カカオFFA」の中でもオレイン酸とリノール酸です。


ミネラルもたっぷり

チョコレートはカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など
ミネラル類を豊富に含む栄養バランスのとれた食品です。
注目はカルシウムとマグネシウムのバランスがよいことです。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.02.10更新

タウリンは、主に魚介、特に貝類(カキなど)や
いか、たこ、魚の血合いなどに多く含まれる成分です。

タウリンには、私達の身体や細胞を
正常な状態に戻そうとする作用があります。

例えば血圧が高いと下げ、肝臓の働きが鈍っていると高めるというような作用です。

「肝機能をよくする栄養素タウリン」
では 具体的に肝臓に対してどのような作用があるのでしょうか

【肝臓の機能を高めるタウリンの3つの働き】

胆汁酸の分泌を盛んにし肝臓の働きを助ける
肝細胞の再生を促進させる
細胞膜を安定化すること




【タウリンを豊富にふくむ食材「牡蠣」】

牡蠣のタウリン含有量は可食部100g中1130mgと、
海産物の中でも極めて高い数値を誇っています。
ほかにビタミンB1、B2などのビタミンや
亜鉛(亜鉛の含有量は食品の中でダントツ!)などのミネラルを
豊富に含んでいる食品です。
またカキのたんぱく質は、全ての必須アミノ酸と同時に
12種以上の他のアミノ酸を併せ持っている良質のものです。

寒い季節、ほろっほろに火の通ったおいしい牡蠣を食べて
元気に過ごしたいものですね

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.02.09更新


~皆さま お誘いあわせの上 ぜひご来場ください~

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2012.02.09更新

イッターイ口内炎!!


できてしまうと 痛くて気になって

おいしくご飯も食べられない
楽しくおしゃべりもできない


そんな経験をされた方もたくさんいらっしゃるかと
思いますが・・・

口内炎を治すにも予防するにも大切な栄養素は

ビタミンB2です

ビタミンB2を積極的に摂取することで
治癒を早めたり 予防することができます

ではビタミンB2が多く含まれる食品とは?

それは 肉類ではレバーがダントツupwardright
そして 海藻類では海苔がダントツupwardright

どちらも普段の食生活に簡単に取り入れやすい食材です

他にも 納豆・魚肉ソーセージ・アーモンドなど

ビタミンB2は「過酸化脂質」の生成を抑える効果があります
体内で動脈硬化や老化の原因を抑えてくれるのです
高血圧、脳卒中といった病気の予防の為にもなるのですね

また、ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変える成分でもあります
ビタミンB2がなければ脂肪を燃やすことができないのです

さまざまな効果をもたらすビタミンB2

普段のメニューにも積極的に取り入れていきましょう

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook