医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2011.12.20更新

乾燥する季節になりました。
咳で受診する患者さんも多く、特に長引く咳は気になる症状だと思います。
痰がからむような咳か、
乾いた咳かによっても原因は様々
ですが、
肺や気管支が原因の咳の場合、

・慢性気管支炎
・細菌性肺炎
・間質性肺炎
・咳喘息
・アトピー性咳嗽
・肺線維症


などがあります。
また、肺や気管支の以外だと逆流性食道炎、副鼻腔炎などもあります。
肺癌や気管支の腫瘍などの悪性疾患の症状の場合もありますので、
咳が長引いたり、
気になるときは早めの受診をお勧めします。

また、ご来院の際はできるだけマスクを着用していらしてくださいますよう
ご協力をお願い申し上げます。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.19更新

ロタリックス。
ロタリックスは、ロタウィルス胃腸炎から赤ちゃんを守るためのワクチンです。

ワクチンを接種すると、赤ちゃんのおなかの中でロタウイルスに対する免疫がつくられます。
そのため、ロタウイルスに感染しても胃腸炎を発症しない、
または発症しても点滴や入院が必要になるほどの重症化をほとんど抑えられることが
国内外の臨床試験などで確かめられています。
また、胃腸炎を起こすロタウイルスには年や地域で流行がありますが、免疫がつくと、
流行のタイプに関係なく赤ちゃんがロタウイルスから守られることも確かめられています。




注射ではなく、液体のお薬を飲みます。生後6週間から24週までの間に、2回接種します。
1回目と2回目は4週間以上の間隔をあけてください。

ワクチン接種は完全予約制です。
必ずお電話または受付にてご予約くださいますようお願い申し上げます。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.17更新

あらゆる所、空気中にもウィルスや細菌はありますが、感染せずに済むのは免疫力のおかげ。
その免疫作用の代表が唾液です。

唾液は食べ物の消化を助け、菌やウィルスには抗菌作用で防御してくれます。
唾液が少ないと虫歯になりやすいそうで、唾液の免疫力様々といえます。

さて、その唾液も緊張や不安、ストレスでドロドロ(酸性)になったり、乾くと免疫力が下がります。
唾液の酸化還元電位を測定すると唾液の酸性度がわかるので、
実際に落語会の前後で測ってみると、皆さん笑った後は数値は下がり、
唾液サラサラで免疫力がアップしていました。

この冬は毎日笑って風邪予防してみては?


投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.17更新

年末ということで仕事に家事に何かと忙しい時期です。
また年末年始は、忘年会、クリスマス、新年の挨拶回り、新年会などお酒を飲む機会も増えます。

規則正しい生活と十分な休養が一番ですが、そうもいかずに不摂生や疲労が重なると体調を崩したり、
風邪をひいてしまいます。

そんな時のお助けアイテムが「にんにく注射」なんです。
大事な用事の前や飲み会の前後、疲れが溜まっているけどもうひとがんばりという方、
ぜひオススメです。




にんにく注射ってどんなもの?
ニンニク注射と言ってもニンニクを摺りおろしを注射するわけではありません。
主成分はビタミンB1で、摂取した糖質を分解し、体や脳が活動するのに必要なエネルギーに変える働きを助けます。
ビタミンB1不足だと、糖質からエネルギーを取り出せず元気がでません。
しかも分解されなかった糖質は脂肪に変わり肥満につながったりもします。


どんな効果があるの?
肉体疲労の原因、乳酸。ニンニク注射は血液に乗って全身にビタミンを行き渡らせ、
体内に蓄積した乳酸を燃やしてくれます。
眼精疲労や肩こりにも効果的です。
ニンニクの臭いのもとアリシンは、高い殺菌作用や解毒作用、整腸作用も持っています。
体の抵抗力が高まるので、風邪の予防や風邪を早く直したい方にもオススメです。
疲労回復はもちろん、血行促進と新陳代謝も高まるのでニキビ予防やアンチエイジング、
冷え性などにも効果が期待できます。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.17更新

12月はクリスマスや忘年会...楽しい行事が多く、つい夜更かしになりがち。

睡眠不足は事故やミスのリスク増大だけでなく、
うつ病や生活習慣病にも深い関連が指摘されています。

適度な睡眠は7~8時間、6時間以下の睡眠だとリスクは高まります。

睡眠不足が続くと食欲を抑えるホルモン「レプチン」が減少、
逆に食欲が増すホルモン「グレリン」が増えてしまい、
太りやすくなるのです。

肥満は睡眠時無呼吸症候群を引き起こたり、糖尿病、心臓病、脳卒中などを引き起こすリスクも1.5~4倍に。
ほどよい睡眠と規則正しい生活リズムで、心も体も健康な日々を送りましょう。


投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.10更新


クリスマスな話題
第3弾

じゃじゃーん




かわいいクリスマスベアが受付にやってきました◎

present ribbon xmas

小児科のお子さんに大人気です

ハロウィンして クリスマスして 大みそかはお蕎麦を食べて
お正月は初詣!
2月はバレンタインデーに 節分豆まき
3月はひな祭りをお祝いして

日本は1年中 楽しいイベントがありますね
 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.08更新




シャン♪ シャン♪ シャン♪ シャン♪





とーーーーっても素敵なクリスマスアレンジ!

12月25日までの限定です
季節限定イベント系のフラワーアレンジもしてくださり

患者さんもスタッフも 見ていると楽しい気持ちになれますよね

ゆうあいクリニックに隠れてるクリスマスのかけら
探してみてください!

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.06更新

あらゆる所、空気中にもウィルスや細菌はありますが、
感染せずに済むのは免疫力のおかげ。

その免疫作用の代表が唾液です。

唾液は食べ物の消化を助け、菌やウィルスには抗菌作用で防御してくれます。
唾液が少ないと虫歯になりやすいそうで、唾液の免疫力様々といえます。
さて、その唾液も緊張や不安、ストレスでドロドロ(酸性)になったり、
乾くと免疫力が下がります。

唾液の酸化還元電位を測定すると唾液の酸性度がわかるので、
実際に落語会の前後で測ってみると、皆さん笑った後は数値は下がり、
唾液サラサラで免疫力がアップしていました。

この冬は毎日笑って風邪予防してみては?

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.06更新



インフルエンザウィルスは乾燥と低温を好むので、
湿度と温度を適度に保つと効果的です。


体を温め、十分な睡眠と栄養で抵抗力を高めましょう。
なるべく人混みを避け、出掛ける場合はマスクを。
帰ったら手洗い、うがいは習慣にしましょう。

感染から発症まで平均2日、症状は2~7日間続き、高熱ほどウィルスを体外に出すと言われています。
移さないように外出は熱が下がっても2日は避ける方が無難です。

来院の際はマスクを装用ください。
症状が重い場合は電話をしてから来院するよう
お願いします。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

2011.12.06更新

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook