お問い合わせはこちらから

2018.07.27更新

こんにちは。

猛暑のため、熱中症で救急搬送される方が連日報道されていますね。

熱中症は、暑さと湿度によって引き起こされる体の不調です。

 

高温多湿の環境で長時間過ごしたり、運動していると

汗をかいて体温が上がらないように体は頑張りますが

湿度が高いと効率よく体温を調節できず

体に熱がこもるため、さらに発汗し、

そのうち、大量の発汗により水分・塩分が失われていきます。

 

初期症状としては立ちくらみやボーっとする症状、

こむら返り、頭痛、吐き気、脱力感などを訴えます。

熱中症の症状は高熱!とイメージされる方も多いですが

熱中症で高熱が出るときは、かなり症状が進行した状態です。

そのときは意識障害やけいれんなどの症状を伴うこともあり、

緊急事態で救急搬送が必要です。

 

対応としては、意識があり歩行ができるときは涼しい場所に移動して冷たい濡れタオルで頭や首筋を冷やし、水分・塩分を補給してください。

水分が自力で摂取できないときも写真が必要です。

 

熱中症は予防ができます!

風通しのよい服を着る、帽子を使う、

暑いときは、喉が渇いたと感じる前から1時間に1度程度こまめに水分・塩分を補給しましょう。

気温が35℃以上と極めて高いときは、屋外で遊んだり活動したりすることは控えましょうね。

 

海やプール、山などお子さんたちにとっては楽しい季節である夏!

暑さ対策をし、ご家族で楽しい夏をお過ごしください◎

 

 

あか

 

投稿者: 医療法人社団優愛会 目黒ゆうあいクリニック 小児科

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook