お問い合わせはこちらから

2017.07.25更新

こんにちは!

暑い日が続いていますね。

 

お子さんやお年寄りが熱中症で救急搬送されたという報道もされています。

今日は、熱中症についてお話します。

 

熱中症とは、暑さと湿度によって引き起こされる様々な体の不調です。

 

では、体の不調はどのようにおきるのでしょうか?

 

気温が高くなると、体温を下げるために体は汗をかきます。

 

そして、気温が高い状態が長時間つづくと大量の発汗により体から塩分が失われます。

 

さらに、湿度の高い環境だと効率よく体温を調節することができずに体に熱がこもり、発汗を増長させます。

 

こうなると、体の中の電解質のバランスが崩れて

 

めまいや吐き気、筋肉痛、体がぐったりして力がはいらないといった熱中症の症状が出現します。

 

熱中症とは、大量の汗により水分と電解質が失われ、不調をきたす脱水のようなものととらえてもらってもよいと思います。

 

「熱中症=高熱」というようなイメージをもたれる方もいらっしゃると思いますが、初期の段階で高熱がでることは稀です。

 

では、熱中症かも?と思ったらどうすればよいのでしょう?

 

熱中症を疑ったら、まずは涼しいところに移動させて水分を補給しましょう。

 

可能であれば、汗で失われた電解質を補えるイオン飲料が望ましいです。

 

ただし、水分を自力で飲めない、意識がぼーっとしているような状態は緊急事態です!

 

すぐに病院を受診してくださいね。

 

海やプール、山など子どもたちにとって魅力的な季節である夏glitter

 

暑さ対策をしながら、ご家族で楽しい夏をお過ごしくださいnote2

 

 

熱中症 

 

投稿者: 医療法人社団優愛会 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook