医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2014.04.17更新

喘息をおもちの方は、症状が出やすい季節というと
1位に「秋」
次いで2位に「春」と答えられる方が多いようです

春は朝晩の冷えによる夜間咳や

乾燥した空気によってアレルゲンが空気中に舞い上がり
それを吸い込んで症状が出現したり

花粉にアレルギーのある方の喘息も
春は過ごしにくい季節です

まずは予防をしましょう!

空気中のアレルゲンには、湿らせたマスクを着用し
帰宅時には玄関で衣服についたアレルゲンを払いましょう

最近では掃除機に取り付ける花粉などを吸い取る
ノズルなど、便利なものも販売されています



夜間は副交感神経が優位に働き、
気管支の緊張が起こって喘息のヒューヒューという発作が
起きやすくなります
また、朝の午前4時~5時にかけて、気管支が一番細くなるデータがあります。
さらに夜中~明け方の冷え込みで気管支が収縮して
強い発作を起こしやすくします。

夜間~朝方の気温差に体を冷やさないよう注意し
布団などだけでなく、寝室の空気そのものの
湿度と温度に気をつけましょう


 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook