医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2014.03.13更新

いよいよ本格的に花粉が飛散する季節になりました。

花粉症の方は、くしゃみ・鼻水のほか
目のかゆみ、皮膚のかゆみ 喉のイガイガ・咳 など

様々な症状に悩まされると思います。

コンタクトレンズを使用している方は
花粉症によってアレルギー性結膜炎を患い
かゆみ・充血 のほかにも様々な症状が出ませんか?


「コンタクトがゴロゴロした感じ」
「目に膜を張るような目やに」
「コンタクトレンズがずれやすい」 など。

こういった症状に悩まされながらも
コンタクトレンズの装用をやめてメガネに切り替えるのは
ちょっと・・・(-_-;)

そんな方も多いかと思われます。

その原因としてはやはり

「見た目が気になる」
「メガネだとかえって疲れる」

そういったことが挙げられると思います。



本来は、花粉によるアレルギー性結膜炎の場合
コンタクトレンズの装用を中止し
メガネに切り替えて
処方された目薬をきちんと使えば
かなり症状は軽減されるものです。

そうもいかない・・・という方は
とにかくコンタクトレンズを清潔に保ちましょう。

目にアレルギー疾患を起こしている場合は
目の分泌物も量が多くレンズは汚れやすくなります。

さらに花粉が付着して、症状がどんどん悪化してしまうことも!

コンタクトレンズのこすり洗いをきちんと行ない
出来る限りコンタクトレンズ装用時間を減らし
帰宅したらすぐにコンタクトをはずしてメガネに切り替えるなどして

瞳のケアを大切にしましょう。


 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook