医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2013.01.11更新

冬は肌荒れ、手荒れの季節。

毎年、手のかさつきやひび割れ、肌のかゆみなどに悩まされる人も
多いかもしれません。

気温が下がり空気が乾燥することで、手や肌の水分が蒸発しやすくなります。
また、冷えて血液循環や新陳代謝が鈍くなって、
角層が硬くなるのも原因です。

特に手は、お湯を使ったり、カゼ予防で手洗いや消毒の回数が増え、
バリアが再生しかかると落とされるという繰り返しで、
手荒れリスクが高まります。

冬の肌対策は乾燥と冷えへの対応をしてまずはしっかりケアしましょう。



そして実は、春から夏へ助走期間でもあります。
昨夏に浴びた紫外線の影響で、表面化してきたシミをそのままにせず、
ケアしながら食事やプラスαのお手入れで、
美白と美肌で1年を過ごせるチャンスです。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook