医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2012.06.16更新




梅雨の時季には腰が痛む・・・そんな方も多いかと思います

梅雨は気圧の変化が不安定で、
とくに気圧の高い状態から低い状態へと変わる時に
「腰が痛い!」
腰痛を起こしやすいといわれています

その仕組みは、気圧の低下と共に体の血管が収縮し、
血流を悪くさせる「交感神経」が興奮、
すると腰痛の痛みを起こしやすい部分(筋肉など)に酸素が届けられなり
痛みが強くなると考えられています

できるだけ体を冷やさないようにしましょう
腰を支えるベルトやコルセットを持っている方は
着用して腰への負担を軽減することも大切です


腰が激しく痛む、痛みがいっこうにおさまらない
そんな状態になっている場合は病院で診てもらいましょう

追伸;

「雨でどこにも出かける気がしないし・・お家でゆっくり映画でも観てようかなぁーー」

とか

「お洗濯も部屋干し。 よっ ほっ! あそこにハンガーかけたいのに届かない!」

とか

そんな時も 体の姿勢にはご注意くださいね!
思わぬところで腰を痛めてしまうこともありますからね。。。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook