医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2012.03.30更新

動物とのふれあいのなかで、いつの間にか癒されていく

それがアニマルセラピーの効果の基本です。



無償の愛を与えてくれる動物たちは
日常の緊張感や圧迫感また悩み事などから解放してくれます。

また、動物にふれあうということは一つの話題を提供してくれ
そこから人とのコミュニケーションの扉が一つ開かれることにもなり
社会性を取り戻してくれます。

動物への愛情は、
動物に対しての働きかけが身体的生理的機能の
改善に繋がります。

犬であれば、散歩に連れていくことが生活リズムの
安定をつくってくれたり
また軽い運動にもなるということです。

動物に触れるということは、
リラックス効果があり、脈拍や血圧の安定にも効果があり
種々の精神疾患はもちろん痴呆からの回復にも
効果があるといわれています。



「動物によるセラピー」。
言い換えると「 アニマルセラピー 」には医師など専門家が
動物を介在して治療にあたる「動物介在療法」(AAT)と
単に動物(ペット)と触れ合う「動物介在活動」(AAA)があります。



有名な「イルカ」による治療、
驚くことにイルカは
「体に障害を持っている人」「精神に障害がある人」をみわけ、
その人達を特別大切にしているように振舞うそうです。


動物好きの人にとっては、「動物による癒し」効果があることは

紛れもない事実ですね。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook