医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2012.01.20更新

昔から漢方薬として用いられてきたグアバ。
様々な成分が豊富に含まれています。



【 葉の主要成分 】
クエン酸、シュウ酸、乳酸、リンゴ酸、ギ酸、ビタミンA、ビタミンC、タンニン


【 果実の主要成分 】
多量のカロチンやビタミンC、カリウム、カルシウム、リン、鉄分

【 その他 】
グァバ葉ポリフェノール



含まれている成分から、美容効果や疲労回復が期待されます。

お茶の渋みのタンニンは
抗酸化作用・殺菌作用のある成分として有名です。

また最近では
ビフィズス菌と、甜茶・紫蘇の実・グァバの配合において
アレルギー性鼻炎の症状を改善・抑制する効能があるという
研究成果もでているそうです。
 

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook