医院ブログ

お問い合わせはこちらから

2012.01.10更新

寒くなって空気が乾燥すると肌がカサカサし、
かゆくなったりしていませんか?


皮膚の表面には皮脂膜(皮脂と汗の混じりあってできる膜)が
皮膚の水分を保っていますが、
気温が低いと皮脂や汗の分泌が減るうえ、
湿度も低く皮膚の水分も奪われてしまいます。

かゆみを感じたら要注意。

乾燥肌は胴体や足に出やすいと言われています。
症状が悪化すると湿疹になったり、
子どもはアトピーの引き金になることもあります。
十分な睡眠、入浴、食事など暮らしのなかで予防やケアして
皮脂の分泌量が正常に戻るようにしていくことが大事です。

かゆみが強い時は外用薬、抗ヒスタミン剤などの内服薬で治療をします。


【 入浴時のケア 】




pisces 洗う時はスポンジやタオルは使わずに。石けんの使用も週2~3回に。

pisces シャンプーが身体にかからないようにする。

pisces 硫黄成分入の入浴剤、炭酸成分も刺激になることがあるのでNG。

pisces お湯の温度を熱くしすぎない。

投稿者: 目黒ゆうあいクリニック

椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛でお困りの方 人間ドック・健診オリジナルプラン
院長ブログ 動画一覧ページへ 目黒ゆうあいクリニック facebook